HOME > 製品・サービス > アプリケーション&ツール > SAP ERPソリューション > 手形管理サポートシステムPlus > 支払手形管理紹介

手形管理サポートシステムPlus


 

支払手形管理紹介

支払手形処理の流れ

受取手形処理の流れ

支払手形サポート仕訳パターン

買掛金計上 仕入 / 買掛金
手形計上 買掛金 / 支払手形
手形債務仮勘定 / 銀行仮勘定
手形決済 支払手形 / 銀行当座預金
銀行仮勘定 / 手形債務仮勘定

支払手形管理の特長

 
手形種類の管理
支払手形計上勘定コードによる管理が可能。
支払手形の分割機能(相手先指定分割、経済化分割)
相手先指定分割:最大6種類の金額と、分割回数を指定印紙税。
経済化機能:経済化分割設定マスタに導入先毎の分割設定が可能。
手形番号の採番機能
手形番号の採番:現物の手形番号を手形データに採番。
手形管理番号の採番:導入先固有の管理番号を採番可能。
支払手形決済機能
期日指定による支払手形伝票の一括決済。
各種管理レポートの出力
一覧表、残高表、期日落明細表、管理台帳、印紙税額一覧 等
支払手形明細照会機能
支払信託/期日現金機能
支払手形をベースとした支払信託管理、期日現金管理が可能。

支払手形管理の前提事項

 
手形計上は、SAP ERP標準機能の「支払プログラム」にて銀行仮勘定を使用して計上されていることを想定。
手形発行機への手形データインターフェイス機能は、別途開発が必要。
(テンプレート標準としては、手形データダウンロード機能(クエリ)から発行対象となる支払手形データをダウンロードして加工後、手形発行機へアップロードするフローを想定。)

その他製品に関する詳しい情報

手形管理サポートシステムPlusに関する詳しい情報は下記リンクからお進みください。