HOME > 製品・サービス > アプリケーション&ツール > SAP ERPソリューション > Trade-Kit > 適合性診断テスト

Trade-Kit


 

適合性診断テスト

お客様の業務とTrade-Kitテンプレートの適合診断(簡易版)をお試しいただけます。
テンプレートを活用したSAP ERP導入では、お客様の業種、業務形態とテンプレートの相性(適合性)が鍵となります。
Trade-Kitテンプレートとの適合性を確認することができます。

全て入力し、ページ下部の「診断結果を見る」ボタンをクリックしてください。

 
共通
Q1. 業種について選択してください。
商社 卸売業 製造業系販社 その他
契約管理
Q2. 取引の分類を全て選択してください。(複数選択可)
仕切取引 代行取引 直送取引 在庫取引 その他
Q3. 現状のシステムから出力している契約関連帳票を全て選択してください。(複数選択可)
契約関連帳票は出力していない
以下の帳票を出力している
基本契約書 売買契約書 注文書 受注報告書 見積依頼書
見積書 Inquiry Sheet Offer Sheet Purchase Contract
Sales Contract Proforma Invoice Commision Agreement その他
Q4. 商品の仕入れ方法について選択してください。
購買部が全社の商品の購買を一括で行っている
各営業部がそれぞれ行っている
その他
Q5. 新基幹システムにて必須となる受発注データEDI要件について選択してください。
仕入先又は販売先との間にEDIによるデータ交換が必須となる取引が存在する
受発注データのWEBによる公開が必須となる取引が存在する
受発注データのEDI及びWEB公開は今回のスコープ外である
その他
計上管理
Q6. 現状の売買計上の実施者について選択してください。
営業部にて実施している
物流部にて実施している
営業部又は物流部から計上確証を回付し経理部にて実施している
その他
Q7. 現状の計上データの確認方法について選択してください。
現状の基幹システムから計上内容を確認できる紙が出力される
現状の基幹システムから画面上にて計上内容をデータで確認する
その他
Q8. 新基幹システムにて必須となる納品データEDI要件について選択してください。
仕入先又は販売先との間にEDIによるデータ交換が必須となる取引が存在する
納品データのEDIは今回のスコープ外である
その他
在庫・原価管理
Q9. 在庫の原価管理方法について全て選択してください。(複数選択可)
個別法 先入先出法 後入先出法 総平均法 移動平均法
売価還元法 最終仕入原価法 その他
Q10. 現状の基幹システムでの在庫管理について選択してください。
マイナス在庫の発生を許可している
マイナス在庫の発生を許可していない
基幹システムでは在庫数量の管理は行っていない
Q11. 自社での製造有無について選択してください。
製造している 簡単な組み立て作業のみ実施している 製造していない
Q12. 委託加工取引について選択してください。(複数選択可)
委託加工取引は実施していない
以下の取引を実施している
外注先へ部品、材料を無償支給後、完成品を引き取っている
外注先へ部品、材料を有償支給後、完成品を仕入れている
その他
物流・貿易管理
Q13. 現状のシステムから出力している輸出通関・買取関連帳票を全て選択してください。(複数選択可)
輸出通関・買取関連帳票は出力していない
以下の帳票を出力している
Shipping Instructions Invoice Packing List
原産地証明書 Shipping Advice Beneficiary's Certificate
海上運賃振込通知書 代行取引他社名義ドキュメント(Invoice、Packing List 等)
Bill of Exchange 輸出手形買取依頼書 その他
Q14. 現状のシステムから出力している出荷関連帳票を全て選択してください。(複数選択可)
出荷関連帳票は出力していない
以下の帳票を出力している
納品書 受取書 荷渡依頼書 運送依頼書 その他
財務会計共通
Q15. 新基幹システムで管理対象としている財務業務を全て選択してください。(複数選択可)
管理対象としたい財務業務はない
以下の財務業務を管理対象としたい
現金出納管理 資金管理 手形管理 有価証券管理 貸付金管理
借入金管理 社債管理 デリバティブ取引管理
外貨建取引管理(為替予約、為替ポジション管理等) 債務保証管理
資金流動化業務 その他
Q16. 為替予約の会計処理について選択してください。
振当処理 独立処理 為替予約は実施していない その他
Q17. 為替リスクのヘッジ方法について選択してください。
個々の取引毎に為替予約等を実施してリスクヘッジしている
会社全体の為替ポジションを管理し、リスクヘッジしている
為替予約は実施していない
その他
債権管理
Q18. 現状のシステムから出力している債権関連帳票を全て選択してください。(複数選択可)
債権関連帳票は出力していない
以下の帳票を出力している
個別請求書 締め請求書 フリーライト請求書 Debit Note
領収書 領収書送付案内書 受取手形組戻し依頼書
受取手形取立依頼書 その他
Q19. 与信管理の対象範囲を全て選択してください。(複数選択可)
与信管理は実施していない
以下を与信管理の対象としている
販売与信 在庫与信 その他
Q20. 新基幹システムにて必須となる請求データの送信EDI要件について選択してください。
請求データのEDIによるデータ交換が必須となる取引が存在する
請求データのWEBによる公開が必須となる取引が存在する
請求データのEDI及びWEB公開は今回のスコープ外である
その他
債務管理
Q21. 現状のシステムから出力している債務関連帳票を全て選択してください。(複数選択可)
債務関連帳票は出力していない
以下の帳票を出力している
振込依頼書 振込金受領書 振込組戻依頼書 振込訂正依頼書
支払手形送付案内書 期日現金支払額確認書 海外送金依頼書 その他
Q22. 支払手段の種類を全て選択してください。(複数選択可)
振込 現金 支払手形 期日現金 支払信託(ファクタリング)
小切手 自動引落 その他
Q23. 新基幹システムにて必須となる請求マッチングのEDI要件について選択してください。
請求データを受信し、自社の債務情報と自動マッチングさせる必要がある
請求マッチングのEDI要件は今回のスコープ対象外である
その他