HOME > 製品・サービス > データベース&テクノロジー > データ連携ミドルウェア:ASTERIA ERP Adapter for SAP®

asteria

asteria
ASTERIA WARPは、「EAI国内販売シェア3年連続No.1」の実績を持つ製品で、GUI開発環境 による高生産性が特徴です。
SAPRアダプタを導入することで、「ASTERIA WARP」を用いて 「SAPR ERP」との連携インターフェースを開発することが可能となります。 これにより、SAPシステムの活用範囲が広がり、膨大なSAPシステムのデータとの連携を 早く、安く、簡単に実現できます。
「EAI国内販売シェア3年連続No.1」

製品概要

「低コストなSAPシステムとの連携ソリューションを提供できないか?」 というコンセプトで、ASTERIA ERP Adapter for SAPRは製品化されました。
その中で、SAPシステムと既存システムとのデータ連携が必ずと言っていい程、必要となってきますが、導入予算はデータ連携部分にまで回せないという声を多くお聞きしてきました。 このような声に対し、ライセンスコスト、開発コスト、インフラコストという面で、 低コストで且つ様々な業務やシステム環境に柔軟に対応することができる ソリューションとして、「ASTERIA WARP」をベースとしたSAPRアダプタを提供することで実現いたします。

特長

マルチプロトコル・マルチフォーマット対応の「ASTERIA WARP」を経由して、既存システムとSAPシステムがシームレスに連携することを可能とします。 例えば、メールに添付された注文データのExcel帳票を「ASTERIA WARP」が受信し、自動的にSAPシステムの受注伝票を作成するといったことや、SAPシステムから汎用モジュール経由で出力されたデータをPDFに加工し、メールで担当者に配信するなど、今までSAPシステムとの連携が困難であったユーザインターフェースとの連携も可能とします。
 
短期間でのインターフェース開発を実現!
ASTERIAの特徴でもある高生産性のGUI開発環境を継承!
低価格のライセンス費用!

ASTERIAに関する詳しい情報

ASTERIAに関する詳しい情報は下記リンクからお進みください。