HOME > グローバルソリューション > 導入ソリューション > グローバルテンプレート

グローバルテンプレート

海外38カ国200社以上へのSCSKの導入実績を集約し構築した「G-Kit」は、海外販社・商社のビジネスノウハウの集大成とも言える充実したソリューションです。
G-kitは、トレードビジネスをカバーする必要機能を網羅している他、様々な取引形態にも対応しております。
また、数多くの導入・運用ノウハウに基づいて精査された内部統制、リスク管理、牽制機能を有しているため、企業様のグローバルIT基盤をより早く、より強固に構築いたします。

G-kitシステム概要

海外販社・商社向けに最適化されたSAPERPをベースとしたシステムです。
各国の商習慣や法制度、税制度についてはすでに組み込まれているため、迅速な導入が可能です。

G-kit基本業務フロー

業務の標準化を行うことにより、経営の見える化や確かな経営資源の取得など、様々な効果が期待できます。
特に、鮮度の高い経営資源はガバナンスを充実させるためには必要不可欠な要素であると同時に、企業の事業拡大や発展の足掛かりになるため、早急なIT基盤の構築が望まれます。
SCSKは、長年培ってきた経験・ノウハウを活かし、スピーディで確実なIT基盤の構築を行います。
下記に各取引形態の例を挙げていきます。

各取引における業務フロー

 

G-kit特長

 
商社ノウハウの集結
総合商社海外現地法人へのSAP ERP導入経験をもとに開発
各国要件
各国の法制要件、税要件はテンプレートに組み込み済
導入/運用費用削減
必要な機能を絞り込み導入時設定工数を削減
マスタ登録ツールの活用で運用費用を削減

中国・アジア要件の対応事例

 
中国
メインメニューの英語/中国語(簡体字)併記
法定勘定科目をAlternative Accountとして、社内管理用の勘定科目との併用が可能
内税対応(入力時に内税/外税の計算方法を指定可能)
法定レイアウトに則った帳簿(B/S、P/L、総帳、明細分類帳、入金/出金/振替/売買の各会計伝票)
インドネシア
Tax Invoice のNo.体系(Tax Invoice出力時に独自の採番)
法定レイアウトに則った専用Tax Invoiceを用意
タイ
内税対応(入力時に内税/外税の計算方法を指定可能)
Tax Invoice のNo.体系(Tax Invoice出力時に自動採番)