HOME > 製品・サービス > アプリケーション&ツール > SAP S/4HANAソリューション[Add-Value] > Add-Value for Migration

Migration

Migration「現行SAPの資産を有効活用しつつ、SAP S/4HANAにスムーズに移行させたい」、「システムダウンタイムを最小化しつつ、リスクを抑えて、SAP S/4HANAに切り替えたい」とのお考えのSAP ERPユーザー企業は少なくありません。
SCSKのAdd-Value for Migrationは、SAP ERP6.0から最新SAP S/4HANAへのマイグレーションをご支援するサービスです。「アセスメント」でリスクを低減した形でマイグレーションプロジェクトを実行しつつ、システム稼動後の運用保守の最適化に寄与致します。

サービス内容

システムライフサイクルを考慮したマイグレーション(コンバージョン)ソリューション

サービス内容
 

サービス詳細

既存機能に対するアセスメント

メニュー名 サービス概要 期間
① アドオン機能影響分析サービス ・現行システムで稼働中のアドオン機能が、S/4HANAへ移行後正しく動作するための調査分析を実施 3週間 ※1
② SAP標準機能分析サービス 標準機能影響調査 1週間
カスタマイズ比較(現/新)
使用トランザクション分析 ※2
・現行システムに設定したカスタマイズが、S/4HANAへ移行後どこに設定されるかを提示
・現行業務で使用しているトランザクションが、S/4HANAへ移行後、継続使用が可能/不可能を提示
③ BASIS構築検証サービス ・現行システムをS/4HANAへ移行する際に発生するエラー等事前検知とダウンタイム計測 3週間~ (データ量により前後)
④ PoC環境提供サービス ・PoC環境構築/提供 ※お客様検証作業を柔軟にサポート 2ヶ月~
⑤ PoC検証支援コンサルティング ・検証作業の実施、導入メリットの整理支援
・PoC環境でのアドオン機能のアジャストメント作業
2ヶ月~
※1 アドオン機能プログラム1,500本を基準とした期間です。
※2 使用トランザクションについて、廃止/代替トランザクションを提示します。
 

新機能に対するアセスメント

  • Add-Value for Manufacturing
  • Add-Value for Accounting
  • Add-Value POCサービス
 

S/4HANA移行への移行パスと当サービスとの対応

サービス詳細

SAP ERP→SAP S/4HANAへのコンバージョンプロセス

サービス詳細